プロフィール

mai36

Author:mai36
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族サービス

キルギスでの生活も残り少なくなってきました。
6月末には帰国です。あっという間に時間が過ぎていきます。

ということで先日、妹たちをカラコルの隊員宅へお泊りに連れて行きました。
(カラコル隊員グルザット、ご協力ありがとう!!)
田舎に飽きたアイヌシュカ5歳、子守に疲れたアイゲリム14歳への家族サービス。
商店が2、3件あるだけのタスマ村にずーっといる2人。
街を歩くだけで楽しさが全身から溢れます。街へ出るから少しおしゃれして。
念願のフレッシュなソフトクリーム♪
DSC02726.jpg

小さなバザールで買い物。サングラス、DVD、ボール、お菓子、なんでも買ってあげる。
孫におもちゃを買ってあげたくなるおじいちゃんおばあちゃんの気持ちが分かりました。
その後、グルザットのアパート一階に突如現れた3Dならぬ9Dという謎のアトラクションに挑戦。
9D.jpg

「子供にも大丈夫なやつ」とお願いしたら、虫になって森を探検する8分の物語に決定。
画面から虫が飛び出し、椅子が揺れ、風が吹き、水がかかり・・・9D???
椅子の揺れが激しく、飛び出す虫が怖く、アイヌシュカ号泣。
その様子を見て8分笑い続けた私達、横腹いたい。
もう2度と乗らないからね、と慰めておきました。

翌日はたまたまこどもの日(6月1日)。
こどもの日は15歳以下が無料になるという動物園とミニ遊園地に行きました。
親戚の子供たちも勢ぞろいし、なんかかんやで10人以上の大所帯に。
カラコルにこんなに人いたんだ・・・という賑わいっぷり。
いつも閑散としている動物園が年に一度輝く日でしょう。
DSC02754.jpg

観覧車に並ぶ子供達。気の遠くなるような行列。しかもぜんぜん進まない。
少し並んでみるもすぐに諦め、ポップコーンやわたあめを食べて待つアラサー日本人。
日曜日のお父さんの気持ちが分かりました。

【おまけ】アイヌシュカのセクシーショット。
DSC02746.jpg
スポンサーサイト

マイちゃん誕生

今朝、仔牛が生まれました。
P5213584.jpg

ほんとに生まれたてで体が濡れている。
これからお母さんが舐めてくれるのですが、お母さん、まだ疲れ果てているのでしょうな。

昼間、アイヌシュカとまた一緒に見に行くと、綺麗になってる。
P5213591.jpg

そしてアイヌシュカが一言。「この子もマイちゃんね!」
ん、そっか!キルギス語(ロシア語)では5月はМай マイ、もしくはМаяマヤ。
私と一緒だ!そういえば去年3月に生まれた仔牛ちゃんの名前もМартマルタにしました。
帰国間際に生まれたマイちゃん、なんだか親しみを感じます。

こちらはお乳が出始めたころの牛乳で作るチーズのような食べ物、ウーズ。
P5123252.jpg

出始めのお乳は黄色くて濃いのでまだ私たちは飲みません。
この黄色くて濃いミルクに塩を入れて火にかけるとウーズができます。
チーズ味の寒天みたいな、乳臭いけどおいしい。塩味なので甘くはないけど。

ところでこの牛乳、母牛が仔牛を産んでその子が大きくなるまでしか出ないって、
そんな当たり前のことを、考えたことがありましたか?
恥ずかしいことに私はキルギスに来る前の研修で初めて知りました。

研修では酪農家さんで1週間お世話になりました。
そこで初めて目にしたのが、人工授精をさせられて、子供を産んで、
毎日毎日機械でお乳を絞られる母牛たち。それも何十頭も。
お乳がでなくなったら、少しお休みをして、またすぐに授精させられます。

それまで、牛乳がどこでどうやってできているかなんて考えたこともなかった。
牛乳はスーパーにたっくさん安く売っているものでした。
よく考えたらわかることなんだけど、考えもしなかった自分に唖然としました。

そんな事実を知ったからと言って、もう牛乳飲まない!とは思わない。
けど、そうやって生産されているんだなぁと知っていて、感謝の気持ちを忘れなければ、
全然知らないでいるよりもずっといいと思います。
安い安いと喜ぶ自分に、ちょっと待てよ、と思うことも出来る。

お肉もそうです。スーパーで手軽に買えちゃうと忘れがちなその向こう側。
この村の人たちはお祈りを捧げて自分で捌いて感謝して全部綺麗にいただく。
キルギス人の方がよっぽどよく知っている。ここで学ぶことがたっくさんあります。

春が来てました

うっかりしてる間に、春が来てました。(実は2週間前くらいに。)
キルギスの春といえば、杏の花です。
DSC02602.jpg

気持ちの良い季節がやってきた!外で日向ぼっこが幸せ~。
P4182730.jpg

出産ピークのこの季節、仔馬とお母さん馬の微笑ましいツーショットをよく見かけます。
P4232861.jpg
仔馬(クルン)、可愛いんだ・・・生まれて一週間とかなのに、立派です。
仔牛(ムゾー)、子羊(コズ)、子ヤギ(ウラク)、赤ちゃんパラダイスなタスマです。
鶏の卵もポンポン生まれちゃう!毎日美味しい卵食べれて幸せ。鶏さんたちありがとう!!

羊たちは毛皮のコートを脱がせてもらいます。
ハサミでチョキチョキ・・・ちょっと血出ててかわいそうだったけど・・・
P4192748.jpg

そして春といえばヤギミルク石鹸のシーズン。
今年も絶賛生産中です。
P4222764.jpg

森の住人

最近、「林にウクーがいる!」と村で噂になっていたのですが、
ついに出会ってしまいました。ウクーに!石鹸工房のすぐそばで!

フクロウさんです!
DSC02245.jpg

フクロウって静かな森の中にいるから、出会ったこともなかったけど。
タスマ村は静かだし、森だし・・・フクロウも住んでるのか!

DSC02246.jpg

写真には3羽うつってますが、同じ木になんと7羽いました!
みなさん昼間なのでスヤスヤお休み中。

と、なるべく音を立てないように写真を撮っていると・・・

お?
1.jpg



おぉ!?
2.jpg

目があったーーーーーーーーー
(一番上のと同じフクロウ氏。)

音たててないつもりだけど、気配を感じたのかな。繊細なのですね。
別の木に飛んでってしまいました。残り6羽はそのままスヤスヤ・・・
起こしてごめんなさい。

次はぜひ夜に出会って、「ホーホー」と鳴くのを聞きたいです。

キルギスの年越し

Жаңы жылгар менен!(ジャヌ ジルガル ミニン!)
遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます!
DSC02069.jpg
サンタ帽のアイゲリムとアイディン。5ヶ月になりました!

キルギスで2度目の新年を迎えました。
ロシア正教のクリスマスが1月7日のためか、キルギスの新年はクリスマスです。
大晦日は1日、年越しの準備。これは日本と一緒。
おせちではないですが、年越しのためのご馳走を用意します。

この日は朝から、

ボルソック(揚げパン)
チャクチャク(練乳がけの揚げたお菓子)
コロッケ(キルギス人にも好評!)
魚(冬になると出てくる、ちょっとお高い白身魚)

を作ってひたすら揚げ、

DSC02038.jpg
かまどで挙げられるコロッケ

さらに大量のパンを焼き、マントゥ(蒸し餃子)を作り・・・外はもうすっかり暗く。
DSC02044.jpg

そしてこんなダストルコン(テーブルいっぱいのご馳走)が完成します。
DSC01984.jpg
写真はイメージです。

それからご飯を食べて12時までテレビを見ながら待ちます。
テレビではキルギス版紅白歌合戦やってます。

12時になる前にみんなでシャンパン片手にトス(スピーチ)!
新しい年がいい年になるよう祈って乾杯。
12時になったら外にでて花火を打ち上げます。
村中に上がる花火を楽しんだら中に入ってケーキ食べて、
おやすみなさい~~~。

去年は夜中コノッコ(お客)が繰り広げられていましたが、
どうやらそれは拡声器のせいだったらしい。
去年の年越し

DSC02078.jpg
なぜか花火片手にヨルカ(モミの木)の前で記念撮影。
昼寝を嫌がったため寝てしまい、12時に起こされて不機嫌なアイヌシュカの顔に注目。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。