プロフィール

mai36

Author:mai36
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊のソイ(屠殺)

キルギスでもっとも食べられている羊の肉。
田舎のおうちでは肉がなくなるたびにソイ(屠殺)をします。
頻度は2ヶ月に1度か2度くらいかな。お祝いの時にもソイするので。

以下、ソイの写真。見たくない方は見ないでくださいね!

まず、羊を抱きしめる。(と、羊が落ち着く?)
DSC01686.jpg

そしてお祈りを捧げる。オーミン。
お祈りを捧げたこの肉がハラルミートになります。
DSC01689.jpg

首にナイフを入れ、血を抜きます。息の根を止めます。
DSC01697.jpg

毛皮を綺麗にはがしていく。体が温かいうちに。
DSC01707.jpg

この技術がみごとです。毛皮も売り物になるので丁寧に丁寧に。
DSC01715.jpg

内蔵を取り出します。(生々しすぎたので写真は省略)
腸を洗うのは女の仕事よ。
DSC01728.jpg

あとは、肉をバラバラバラに。
DSC01727.jpg

天然の冷蔵庫(暖房の無い部屋)でワイルドに保管。いつまでもつかな。
DSC01563.jpg

頭は火で炙って、その日の夕食でみんなで食べます。
目や脳みそなどはごちそう。ソイの日の夕食はもちろんベシバルマック。
(ベシバルマックについては過去の記事を参照してください。)
http://kyrgyz.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

男の子は小さい頃からお父さんにソイを教わり、一人前になってゆきます。
この光景を見るたびに、田舎の人々はたくましいなぁと思います。
それにしても、手際がよく、おみごと。

ブラックティーみたいな冬

キルギス人はたくさんチャイ(紅茶)を飲みます。特に田舎の定番はミルクティー。
牛乳がダメな人は、「カランダイ(ブラック)」を飲みます。
わたしはもちろん「スットミニン!(ミルクティー!)」
KIK_6775.jpg
Photo by NIKOLAIKIKI

今年のキルギスは、なかなか雪が降りません。
こんな冬を「カランダイ」(ミルクなし)な冬というらしい。

今年はねずみが大量発生しておりまして(もはやペット)、
「ねずみがたくさん出ると、冬が寒くなる」
とか、
「玉ねぎの皮が薄いと、冬が寒くなる」
とか、いろんな言い伝えがあるそうで・・・
つまり、今年は寒くなる。ってこと。

去年は10月にドカっと降った雪も、今年はなかなか降らない。
そんな「ミルク無し」、カランダイな冬は、寒くなるらしい・・・
雪がたくさん降った方があったかいそうです。

朝方は-5度とかですが、冬の本番はまだまだこれから・・・
雪がないのはちょっとさみしいです。
村ではなぜかまだ夏のサンダル履きのわたし。(靴下は3枚)
キルギスの冬、お手柔らかにお願いしたいです・・・

お茶碗で飲みます。
KIK_6778.jpg
Photo by NIKOLAIKIKI

りんご狩り

昨日、去年よりはちょっと遅めの初雪が降りました。
朝晩の気温は0度くらい。冬が来た~

雪が降る前にと、日曜日におじいちゃんちのりんごを収穫しました。
収穫はだいたい終わっていたので最後の仕上げをお手伝い。

まずは手の届く範囲から。そしてはしごに登って。
DSC01583.jpg

バケツにいっぱいになったら・・・
DSC01593.jpg

床下に収納します。床下は天然の冷蔵庫。(冷凍庫?)
DSC01577.jpg

はしごで届かないてっぺんの方はどうするんだろうと思っていたら、
DSC01589.jpg

一人が木に登り、木の上からりんごを投げる!

下で待つ私たちは、ひたすらりんごをキャッチ!そしてバケツへ入れる!
これ楽しいです。ゲーム感覚でひたすらりんごをキャッチ、そしてバケツへイン!
昔ソフトボールをやっていた時を思い出しました。体もあったまる。

バケツ何個分運んだかな。2時間位で終了。
りんご狩り初段くらいにはなった気がします。
村の子達は、木登り5段くらいの腕前。あれはマネできません。

じゃがいも終わった?

キルギスの田舎では春と秋に交わされる挨拶。

「じゃがいも終わった?」
DSC01345.jpg

春は種芋を植える作業、秋は収穫です。新じゃがです!!
この時期はどの家もじゃがいもに追われています。
こちらでもじゃがいもには色んな品種があり、

誰々が何を植えてたらしい、あれはうまい。ピカソはまずい、ぜんぜん味がない。
キロいくらで売れた?8ソムかな。あっちでは10ソムで買ってくれるらしいぞ。

といったような会話がよく聞かれます。
じゃがいもの品種名がピカソってなぜ。しかもまずいらしい。

収穫されたじゃがいもの一部。仕分けの作業待ち。
DSC01348.jpg

じゃがいもより少し前には小麦の収穫も。
砂のように見えるものが小麦です。精製中。これも売ります。
DSC01317.jpg

じゃがいもと小麦。
キルギスの田舎での食事の90%はこれといっていいと思います。
小麦はパンや麺や餃子っぽいのといろいろ形を変えて現れます。

そこにささやかに彩を加える野菜たちも冬には減っていく・・・
私のお腹はほぼ炭水化物で満たされます。

そんな冬の救世主、プリプラバ!というトマトソース?
DSC01377.jpg

トマト10、20キロ分は作ったんじゃないだろうか。
ほぼトマト、それからにんにく、パプリカ。
を細かくしたソースです。保存食です。これがめちゃおいしい!!
これを麺にかけたり、スープに入れたり、じゃがいもにつけたり。

プリプラバとともに冬を乗り越えたいと思います。
すっかり秋なタスマ村。もう10月ですもんね。
DSC01324.jpg

すゆんちゅー!

すゆんちゅー!(良い知らせ!朗報!)

アナルクルエジェ(ステイ先のママであり同僚)が、
8月2日午前10時半に、3200gの元気な男の子を産みました!
DSC00374.jpg

2日の明け方3時4時頃に陣痛が始まり、
お茶を飲んで、髪を洗ってから病院に向かったというエジェ。
なんと冷静な。さすが出産は4回目のベテラン。
でも出てくるまでには6時間かかり、それはそれは大変だったそうです。
予定日を過ぎて2週間、待ちに待った出産でした。

名前はアイディンに決定!

一度はバイボル(豊か)に決まりかけたのですが、
今ビシュケクで進学準備中の弟ドーシャが、
「ダサい!ダメ!」というので再びみんなで考え直して、
赤ちゃんが家にやってくるぎりぎりに、アイディンに決まりました。
結構ノリで、決めちゃいました。笑
でもほんとにいい名前。

アイは月、ディンはムスリムという意味があり、
断食期間中に生まれた男の子らしい名前になりました。
(うちでは誰も断食やってないけど)
アイディン、意味も響きもかっこいいじゃないか。

ちょっと遠近法ですが、アイヌシュでか!!
DSC00373.jpg

もうひとりのエジェ、アルマグルエジェも、
7月19日に元気な女の子を産みました!名前はアディリャ。
ちょっと色黒で、目がおっきい。
DSC00382.jpg

アイディンとアディリャ、ほんとに2人ともかわいい。
小さい!ほんと小さい!見てるだけで幸せな気持ちになれるのはなぜだろう。

この小さくて可愛いのをみんなで大事に育てようね~
という暖かく幸せな空気でいっぱいのおうちの中。
こんな幸せな場面に立ち会えて、私も幸せです。
これからの2人の成長がほんとにほんとに楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。